「次亜塩素酸水の効果」報道の危うさ

 新型コロナウイルスの感染拡大がいまだ続くなか、消毒用アルコールの代替として使用されてきた次亜塩素酸水に関する一連の報道が社会的な混乱を招いている。経済産業省の製品評価技術基盤機構(NITE)が5月末に公表した次亜塩素酸水の新型コロナに対する有効性評価試験の中間結果を受け、一部のメディアが「次亜塩素酸水の効果はない」という印象を与えるような伝え方をしたためだ。そのため次亜塩素酸水を導入していた施設、個人が……..

続きをオリジナルサイトで見る