夾竹桃物語「わすれていてごめんね」表彰式と 広島平和祈念式典へ

アドバンスのボランティア、毎年の活動報告

夾竹桃物語「わすれていてごめんね」事務局とは
この事務局は「夾竹桃物語−わすれていてごめんね」(緒方俊平著)を全国の子供達に読む機会を創り、未来を担う子供達の、平和を愛し、生きるもの全てを愛しみ、世界平和を願い、地球環境を大切に護る心を培うことを目的としています。
[なぜ「平和」と「環境」か]原爆投下時に自らを投げうって夾竹桃を護った犬の姿や、夾竹桃が少年にその物語を伝えることから、読者は周りを想いやる心の大切さや平和の尊さを知る。
又、人間だけでなく動植物も犠牲になった事実を知ることで、読者は人間の営みが自然環境にも影響を及ぼすという事を知るきっかけになる。 更に、これを日本の子供達から世界の子供達に発信し、その輪を全世界に広げることも目的とする。
また、この目的のシンボルとして広島平和記念公園に動物・植物の慰霊碑を建立し、全ての人々にこの目的を理解されることを願うものである。

この運動が21世紀的社会貢献としていく「地球的生存権運動」

●平和と環境を、過去の経験から物質社会・情報社会・精神社会を創っていく
●子供たちへの心へ命を宿していく(愛・豊かな心)
●全ての子供が自由に参加していける場を創る

詳しくは>> 夾竹桃物語「わすれていてごめんね」事務局