外国人技能実習生受入れのご案内

私たちの「技能・技術・知識」で開発途上国の経済発展に貢献しませんか!

外国人実習制度とは

発展途上国の若者を技能実習生として一定期間受け入れ、 我が国で培われた技能・技術・知識を実務を通じて学び、 帰国後、母国の経済発展を担う人材として活躍してもらう 「人づくり」を目的とした制度となります。
なお、本制度は、技能実習法により、「技能実習は、労働力 の需給の調整の手段として行なわれてはならない」と定め られており、労働力不足を補うためのものではありません。

企業の発展を支える人材の確保

当組合は、学歴、経歴、出身地などさまざまなバックグラ ウンドをもつ技能実習生をご紹介できるため、加盟企業さ まそれぞれの人材ニーズにフレキシブルに対応することが 可能です。
技能実習生は皆、素朴で輝きに満ち溢れた宝石の原石といえます。
当組合を通じて、優秀で実直な人材と出会っていただき、彼・ 彼女たち実習生のさらなる成長への貢献と御社の一層の発 展を両立していただきたいと思います。

技能実習制度仕組み(団体監理型)

国際化にむかって“ビジネスチャンスを逃がさない”

アジアには今、国境という枠を越えグローバリゼーションというの名の波が押しよせています。
それは我が国へも例外なく影響するものであり、今後日本 国内のあらゆる産業において、ビジネスチャンスのすそ野 はさらに拡大していくといえるでしょう。
しかし我が国には、世界に類を見ない少子高齢化の進展に よって、技能の継承が危ぶまれる企業が増加しているとい う課題があります。
こうした潮流のなかで、日本が世界に誇る「技能・技術・知識」は、国内産業の発展だけではなく、発展途上にあるさまざまな国に、より一層役立ててもらうときを迎えているといっ ても過言ではありません。
アジアのみならず世界へ羽ばたく絶好のタイミングだとい えるでしょう。
輝く瞳を持ったやる気に満ちた海外の青年たちに、私たち が培ってきたものを継承しようではありませんか!

サポートプログラム体制

当組合は、加盟企業ごとに独自プログラムを作成し、加盟企業および技能実習生両者の目線にたってサポートすることを心が けています。
特に、初めて外国人人材を迎え入れる際は、さまざまな不安を覚えるものですが、当組合では、実習生受け入れのスペシャリ ストがいかなる課題に対しても全力で対応いたしますのでご安心ください。
実習生を「教育・生活・心身」などあらゆる面からサポートし、加盟企業さまのさらなる発展に貢献したいと思っております。

技能実習生受入れ人数

対応職種

技能実習制度移行対象職種・作業は、2019 年3 月14 日時点で、80 職種・144 作業となっております。
在留期間(受け入れ可能期間)が3 年間の職種・作業は決まっておりますので、詳しくはお問い合わせください。
なお、当組合では「自動車整備」「介護」の受入れ許可を取得しております。