テラヘルツ波

テラヘルツ波とは何か?

テラヘルツ波とは、光と電波の両方の性質をもった電磁波です。テラヘルツ波の周波数は、1兆Hzから100兆Hzの間にあります。その波長は3μm~1mm(1,000μm)の間にあります。テラヘルツ波は光と電波の両方の性質を持っていますので、直進性と透過性と浸透性を持っています。

テラヘルツ波の解説図

テラヘルツ波は自然界のすべての物質や生命が自分自身で放射している電磁波です。動物、植物、鉱物等の自然界のすべての物質は原子や分子で構成されています。それらの分子や原子は、自然界や宇宙のエネルギーを吸収することによって振動しています。
この振動がテラヘルツ波を発生しているのです。自然界のすべての物質が放射しているテラヘルツ波のエネルギーは微弱ですが、すべての物質の性質を決定し、宇宙のすべての生命活動をコントロールしていますので、生命光線といわれています。

一方、従来から良く知られている遠赤外線は、透過性と浸透性はありません。しかし物質や生体の表面で少し吸収されて、物質の温度を上昇させたり、植物の成長を促進させたりしますので、成長光線といわれています。遠赤外線は物質の内部の加熱や省エネ等に利用されています。遠赤外線より波長が長いテラヘルツ波は、超遠赤外線ともいわれていて、無機質や有機質の物性を改善し、細胞の遺伝子(DNA)活性化させます。
その結果、テラヘルツ波エネルギーは、物質の性質を瞬時に改善したり、病気を瞬時に改善したり治癒させたりする力があります。従いまして、テラヘルツ波エネルギーは、その利用コストが安くて技術が簡単なので、医療や食品加工、農業、水産業、通信産業、省エネ等に広く応用できます。しかも、テラヘルツ波を物質や生体に照射した結果は、瞬間的に発生するため、誰でも、その効果を確認することができます。

テラヘルツ波を応用した物質変性技術

自然界のテラヘルツ波光線は、自然の鉱物や無機物、生命や生物、生体の有機分子の結晶格子の熱振動によって発生しています。しかしそれら自然界の物質は放射率の平均値が低いため放射量も少ない。電子回路で人工的に発生させた強力なテラヘルツ波を物質や液体に照射すると、その物質や液体の分子や原子の格子振動が激しくなり、結晶構造が変化します。
その結果、物質のテラヘルツ波の放射量や平均放射率が大変高くなります。
物質では0.95以上の理想黒体の平均放射率まで上昇することが確認されています。

テラヘルツ波放射体

言い換えると、物質がテラヘルツ放射体に変化し、逆に近くの物質にテラヘルツ波を大量に放射するようになります。これをテラヘルツ加工又はテラヘルツによる物質変性といいます。
物質がテラヘルツ放射体に変化しますと物質そのものの質が向上し、本来の性質や特徴が大きくなります。その結果、食品の味が改善されたり、鮮度を長時間保持したり、醗酵や醸造が急速に促進したり、その他あらゆる物質の本来の性質や生命力が強くなってきます。例えば、飲用水や食品だけでなく、紙や繊維にテラヘルツ加工しますとそれらの物質はテラヘルツ放射体に変化しますので、今度は近くの他の物質や生体にテラヘルツ波エネルギーを逆に与えるようになります。
テラヘルツ波を農業や畜産業、水産業に応用すると、無農薬で健康で品質が良い農産物や畜産物が生産されます。又テラヘルツ波を照射された穀類や生鮮食品の鮮度と味は大変長く保持されます。

テラヘルツの生体への効果

生命や細胞にテラヘルツ波を照射すると細胞を構成する体内酵素やDNAその他の有機高分子の振動が活発になり、自然治癒力や免疫力が大きく向上すると言われています。テラヘルツ波を多量に放射する繊維を着用すると、皮膚の傷や筋肉の損傷が著しく改善されるだけでなく、人体内部の臓器の損傷が短時間に治癒され、身体の機能が短期間に回復することが近代量子物理学の理論で解ってきました。
テラヘルツ波エネルギーは、細胞を活性化させますので、健康を維持したり、癌等の不治の病気を改善させたり、老化を遅らせたりすると言われています。 最近、医学界でもテラヘルツ波の難病への奇跡的な治癒効果が注目されています。ガン、糖尿病、アルツハイマー、パーキンソン氏病、膠原病、腎臓炎、進行性筋萎縮症、高血圧、心臓病等の治癒に効果があることが最近の医学界で確認されてきています。