基礎代謝

基礎代謝とは

基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーで、眠っている間でも消費されています。人間が生きていくうえで絶対に消費されるエネルギーです。基礎代謝は男性16歳、女性14歳をピークに下がります。基礎代謝は消費される全エネルギーの約70%を占めています。
基礎代謝が上がると、運動をしていないときでも消費エネルギー量が増えるので太りにくい体になります。逆に、基礎代謝が低いと太りやすい体になり、基礎代謝を上げることがとても重要です。
基礎代謝低下の原因は、「筋肉の衰え」と「心肺機能の低下」といわれています。 筋肉量が増えれば基礎代謝も増えますが、筋肉量が減れば基礎代謝は減ります。

ダイエット

「質の高い睡眠」は、ダイエットと関係しています。睡眠時間が短くなると、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌量が減って、食欲を刺激する「グレリン」の分泌量が増えてしまいます。つまり、睡眠不足だと食欲が増してしまう上に満腹を感じにくい体になります。
逆に、深く眠っているときに多く分泌される成長ホルモン「メラトニン」  は、脂肪を燃焼する作用も持ち、すなわち中性脂肪の蓄積を予防することにもなります。
LEMNOSで証明されている「α波の増加」「血流量の増加と血流速度の増加」および「代謝の促進」作用による効果は、細胞の活性化を促し、ダイエットにも有効であるということが期待されます。