血行不良の原因

血行不良が原因で起こる症状の中でもとくに代表的なものが肩こりや腰痛です。血行不良になると、酸素が全身にうまく行き渡らないために、筋肉が酸欠状態となります。この状態で筋肉に負担がかかることで、老廃物や疲労物質が蓄積され、肩こりや腰痛などの症状が現れるのです。
また、血行不良は冷え性を引き起こす原因にもなります。人の体が体温を維持できるのは、基礎代謝によって温められた血液が全身を巡っているためです。しかし、血行不良になると、体中に行き渡る前に血液が冷えてしまうのです。そのため、体温調節ができず冷え性となります。
なかなか改善しない肌トラブルも、実は血行不良が関係しています。血行が悪くなると、肌に必要な酸素や栄養分が十分に行き届かなくなり、老廃物の排出が滞ります。これによってターンオーバーが遅れ、肌荒れを起こしやすくなるのです。

血行不良で、重篤な病気の誘発

血行不良は、心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気につながることもあるため注意が必要です。血行不良が悪化すると、動脈内にさまざまな物質が沈着し、血管が狭くなります。これによって血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞・脳梗塞になる危険性が高まるのです。

ストレスも誘引材料

血行不良はストレスによって引き起こされることもあります。ストレスによって自律神経が乱れると、血液の循環調整がうまく機能しなくなるためです。さらに、ストレスを感じると、血管を収縮させる働きのあるストレスホルモンが大量に分泌されます。血管が狭くなることで血液が流れにくくなり、血行不良となるのです。
このように、血行不良は健康的な生活に支障をきたすことがわかります。FOBAB04は、使用することで血流量が、8.7%の増加、血流速度で、12.4%の増加が証明されています。
そして、α波の増加の証明でお話した深い睡眠も健康に深く関わっていますが、その深い睡眠が血行を促進し、アルツハイマーを予防することが出来るとの研究結果をアメリカの大学が発表しています。

睡眠を促進し、血行を促進することが証明されたLEMNOSは、アルツハイマーの予防が期待できるということになります。